ハイポテック_トップ » 白煙除去装置 » Case Study »

発煙硫酸ミスト

お問い合わせ
サイトや製品に関する意見や質問をお聞かせください

発煙硫酸ミスト

化学工場において、硫酸ミスト化した白煙は近接している設備の腐食、周辺作業環境の悪化などの問題を引き起こしているケースが多々あります。 特に発煙硫酸貯蔵タンクを備えている化学工場においては、製品の積込時、あるいは受入時にタンクのベント口より白煙(硫酸ミスト)が多量に発生します。 これは発煙硫酸のSO3ガスは常温での分圧が高く、大気中の水分と接触すると激しく反応して、瞬時に硫酸ミスト化するのが原因です。

SO3+H2O=H2SO4

発生した硫酸ミストは、きわめて薄い濃度でも安定的な白煙を形成し、この白煙は粒子径0.1~4ミクロンの微細ミストで形成されており、一般的なワイヤーメッシュタイプのミストセパレーターでは捕集できません。

弊社、白煙除去装置は、この微細な硫酸ミストをブラウン拡散捕集原理を応用した特殊ファイバーエレメントを採用して、99.99%以上することが可能です。

SO2吸収/SO3白煙除去装置
(SUS316製)
高濃度SO3白煙除去装置
(PFA/FRPハイブリッド/冷却器付)
発煙硫酸タンクベント白煙除去装置
(SUS/ETFEライニング)
発煙硫酸白煙除去 緊急時移動型
(エンジン駆動ブロア搭載)

Case Study

用途

発煙硫酸受入れ時のタンクベントより排出される白煙(硫酸ミスト)の完全除去。

運転条件

  • 発煙硫酸濃度:28%
  • 処理風量:289m3?hr
  • 運転温度:35℃
  • 運転圧力:-3kPa
  • 遊離SO3ガス濃度:4000ppm

導入装置

  • 白煙除去ユニット:TH-SA300型
  • 本体接液部材質:ETFEテフロンコーティング?SS
  • 本体接ガス部材質:SUS316L
  • FAN接ガス部材質:SUS316
  • ミスト捕集エレメント:特殊ファイバーグラス
  • エレメントフレーム&ベース:ポリプロピレン

導入後、運転状況

  • 出口硫酸ミスト濃度:目視出来ず。
    (下限値7ppm以下)
  • 装置初期圧力損失:86mmAq
SO3とH2Oが反応して発生する硫酸ミスト濃度は一定ではなく、幅広い濃度範囲のため、仕様する装置の材質や、 前処理設備の有無やタイプなどによっても選定する材質は都度検討しなくてはなりません。

ページトップへ

お問い合わせ、お見積り依頼はこちら お見積り依頼 カタログダウンロード