ハイポテック_トップ» 排ガス処理設備 » Case Study »

臭素タンク排ガス処理/Br2

お問い合わせ
サイトや製品に関する意見や質問をお聞かせください

臭素タンク用 除害スクラバー& PVDF/FRPハイブリッドタンク

臭素(ブロム/BROMINE/Br2)は、プラスチック製品や農薬、化学合成繊維の難燃剤、また工業薬品(臭化物)として、世の中の数多くの製品の原料に使用されている物質です。
臭素は塩素、フッ素、ヨウ素などと同じハロゲン化物に分類されており揮発性が強く、塩素同様に腐食作用が大きい為、金属や有機物を侵します。
また、吸引の許容濃度は0.1ppmと低く、皮膚につくと潰瘍を起こし目に入ると火傷をするなど非常に毒性の高い物質です。

臭素の物性

Br2 分子量(式量):159.81
状態 激しい刺激臭をもった赤褐色液体
比重 3.12(20℃)
融点 -7.3℃
沸点 58.7℃
蒸気圧 23.3kPa(20℃)
消臭スクラバー画像

臭素は、大気汚染防止法の第十条25項に特定物質として挙げられておりますが、臭素ガスは水に吸収されにくい物質の為、簡単なスクラバー設備では除害しきれません。 また、腐食性が高い為、設備の材質にも考慮する必要があります。
弊社では、難易度の高い多くのハロゲン化物(塩素、臭素、フッ素、ヨウ素)の除害スクラバーを設計・製作した長年のノウハウにより、この度、臭素タンクのタンクベントから排出される臭素ガスを除害する臭素スクラバーをリリースいたしました。
尚、スクラバーだけでなく、PVDF製の臭素タンクも合わせたパッケージにて、コンパクトな機器による御提案を致します。

設備の特徴
● 吸引エジェクターには臭素に対して耐食性に優れるPVDF製を採用。
● エジェクターによるガス/液の高いミキシング効果により、ガス吸収速度が大幅に改善されます。
● 吸収塔は、還元と中和を同時に行い、高性能な除去性能と安全な排水処理を実現します。
● グラスライニングタンクよりも安価で扱いやすい、PVDF/FRP製ハイブリッドタンクを採用。
● パッケージ設備ですので、狭い設置エリアにも設置可能です。
● その他、臭素送液ポンプや、タンク保温/冷却設備などのオプションにも対応しております。

ページトップへ

お問い合わせ、お見積り依頼はこちら お見積り依頼 カタログダウンロード